【三重県伊賀市】屋根塗装|業者が言わない!失敗しない塗装は1回目の下塗りで決まる

騙されないで!
下塗りが適正かどうかがポイント!

塗装の見積もりを取ると
“このシリコン塗料は長持ちしていいですよ”
“何と言ってもフッ素がいいですよ”
そんなセリフで勧められることがほとんど。
確かにその塗料も大切ですが、もっと大切なことがあります。
一般的な塗装は3回塗りで、1回目を下塗り、2回目を中塗り、3回目を上塗りと言います。
シリコンやフッ素はこの中塗り以降の塗料を指します。
では1回目の下塗りは?
何のために塗るの?
下塗りは今の外壁と中塗り以降の塗料の密着を高めたり、強化する役割を果たします。
そうなんです、実はこの下塗りがすごく大切になってくるんです。
下塗りが間違えていたり、仕様書通りではない塗り方をすると、どんな良い塗料でも長持ちしません。
ここが塗装のポイントになります。


実際の現場で下塗り塗装

三重県伊賀市M様の屋根塗装リフォーム工事です。
1回目の下塗りです。
三重県伊賀市M様屋根塗装リフォーム工事
水性ミラクシーラーエコです。
スレート屋根との相性は良いです。
三重県伊賀市M様屋根塗装リフォーム工事
ローラーで手塗りです。
三重県伊賀市M様屋根塗装リフォーム工事


【詳細】塗り替えの失敗しないポイント

塗料メーカーの耐用年数は新築のような綺麗な下地に塗装することを前提としています。
当たり前ですが塗り替えやリフォームの場合は傷んでいます。
この傷み具合は如何に新築に近い状態に戻してあげるかがポイントになります。
またそれが必要最低条件になります。
それが下塗りや下地調整といった工程になります。
これは劣化具合、下地の種類、何回目の塗装?等々の諸事情によって変わります。
ここが適正でないと塗装は失敗します。
注意してください。


これで今日は終了です。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ