【三重県伊賀市】外壁貼り替え|30年持つシーリング材をサイディング壁の目地に注入

三重県名張市M様のサイディング壁の張り替えリフォーム工事です。
前のサイディング壁の目地は撤去して新しいシーリング材を注入します。
まずは撤去から。
三重県伊賀市M様外壁張り替えリフォーム
次にプライマーを塗ります。
シーリング材の密着性を高める工程です。
三重県伊賀市M様外壁張り替えリフォーム

三重県伊賀市M様外壁張り替えリフォーム
30分以上乾燥させてからシーリング材を注入。
弊社では30年の耐久性のオートンイクシードを使用しています。
三重県伊賀市M様外壁張り替えリフォーム

三重県伊賀市M様外壁張り替えリフォーム
ヘラで押さえてテープを除去して完成です。
三重県伊賀市M様外壁張り替えリフォーム

三重県伊賀市M様外壁張り替えリフォーム

三重県伊賀市M様外壁張り替えリフォーム

三重県伊賀市M様外壁張り替えリフォーム
サイディング壁の目地のシーリング材は10年前後で劣化してきます。
目地や窓まわりのひび割れや亀裂が酷くなると雨漏りすることもあります。
そうなる前に外壁の塗り替えと同時にシーリング工事も検討して下さい。


【解説】30年持つオートンイクシード

シーリング材外壁の修理をする箇所は雨漏りの原因となることが多いので、ご自宅を守るためには重要な箇所になります。
もし外壁塗装の塗料を高耐久で長持ちするものを選ぶなら、シーリング材も長持ちするものを選んで下さい。
せっかく塗料は長持ちしても、修理した箇所が普通のシーリング材だと、そこだけ先に劣化して、場合によっては雨漏りする可能性もありますので。
外壁塗装リフォームする場合の材料選びの参考にして下さい。

30年長持ちするシーリング材について


これで今日は終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ