【三重県名張市】外壁修理|サイディング壁の目地を『30年耐久性』のシーリング材で打ち替え

えっ?サイディング壁の目地って修理するの?

修理は必要です。

新築当初は綺麗な状態ですが、10年を経過すると目地のシール材(コーキング材)が劣化してきます。

特に窓まわりのシールが切れると雨漏りの原因にも。

また普通のサイディング壁は10年前後で防水効果が落ちてくるので、塗装とシーリング工事はセットで考えることが一般的。

ただし、光触媒のような特殊なサイディング壁は除く。

10年が経過した時点で信頼できる業者に点検を依頼することをお勧めします。

もちろん地域差や環境もありますが、名張市のように寒暖差が大きい地域は、劣化が早い場合もありますので注意してください。

実際の現場でサイディング壁のシーリング工事

名張市M様の外壁修理工事

プライマーを塗る

三重県名張市 外壁シーリング工事1
シーリング材を注入する前に密着を高めるためにプライマーを塗ります。

シーリング材を注入

三重県名張市 外壁シーリング工事2
弊社ではオート化学のオートンイクシードを使用。

価格は2割ほど上がりますが、30年の耐久性があります。

普通のシーリング材は10年程度で劣化してきます。

シーリング材を押さえる

三重県名張市 外壁シーリング工事3

養生テープを剥がす

三重県名張市 外壁シーリング工事4

今回使用したオートンイクシード

三重県名張市 外壁シーリング材料


【解説】30年の耐久性のシーリング材、オートンイクシード

シーリング材外壁の修理をする箇所は雨漏りの原因となることが多いので、ご自宅を守るためには重要になります。
もし外壁塗装の塗料を高耐久で長持ちするものを選ぶなら、シーリング材も長持ちするものを選んでください。
せっかく塗料は長持ちしても、修理した箇所が普通のシーリング材だと、そこだけ先に劣化して、場合によっては雨漏りする可能性もありますので。
外壁塗装リフォームする場合の材料選びの参考にしてください。
名張市のお住まいの方々の参考になれば嬉しいです。

30年長持ちするシーリング材について


これで今日は終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ

 

 


記事一覧へ