【三重県名張市】外壁塗装|モルタル壁の弱点の『ひび割れに強い』シリコン塗料で塗り替え

三重県名張市O様の外壁塗装リフォーム工事

モルタル壁とは
『セメント』に『砂』と『水』
を合わせたもので、古くなるとひび割れしてくるのが弱点。

モルタル壁そのものには防水性能が無いので、
塗装で防水してひび割れしないように長持ちさせます。

その塗装のメンテナンスを放置すると、ひび割れし、それが大きくなると外壁から雨漏りしてきます。
そうならないためにも定期的にメンテナンスすることをお勧めします。


外壁塗装の工程

①【外壁塗装の前準備も丁寧に】外壁の高圧洗浄
②【雨漏り予防】『30年の耐久性』のシーリング材で外壁のひび割れを修理
③【外壁塗装1回目】下塗りが失敗しないコツ
④【外壁塗装2回目・3回目】ひび割れに強い『水性弾性セラミシリコン』で塗り替え
⑤【雨戸塗装】初めに錆び止め塗装を入れるのが秘訣


 

①【外壁塗装の前準備も丁寧に】外壁の高圧洗浄

高圧洗浄

三重県名張市 高圧洗浄1
ガンを近づけたり、高圧にして汚れを落とします。

三重県名張市 高圧洗浄2
洗浄すると黒い汚れが浮き出てきます。
三重県名張市 高圧洗浄3
庇も洗います。
三重県名張市 高圧洗浄4
雨戸も汚れていますので丁寧に洗います。

三重県名張市 高圧洗浄5

 

 

 

②【雨漏り予防】『30年の耐久性』のシーリング材で外壁のひび割れを修理

プライマーを塗る

ひび割れ修理 プライマー塗る1
外壁とシーリング材とを密着させる大切な工程です。

ひび割れ修理 プライマー塗る2
庇と外壁の取り合いも塗ります。
外壁のひび割れ修理 プライマー塗る3

シーリング材注入

シーリング材を注入1
弊社では30年の耐久性のオートンイクシードを使用。
普通のシーリング材は10年程度で劣化します。
材料費は普通のシーリング材より1割から2割高いですが、3倍程度長持ちします。
シーリング材を注入2
注入後、ヘラで押さえています。
シーリング材を注入3
養生テープを剥がして完成です。

 

 

③【外壁塗装1回目】下塗りが失敗しないコツ

『下塗り』
『中塗り以降の塗料と外壁とを密着』
下地強化する』
といった大切な役目を果たします。
塗料の密着度合いを決める工程ですので、ここで長持ちするかどうかが決まります。
なのでかなり重要な工程になります。
『下塗りが適正でない』と、どんなに良い塗料を使っても長持ちしません。

1回目の下塗り

下塗り 水性ソフトサーフSG1
今回は微弾性効果のあるエスケー化研の水性ソフトサーフSGを使用。
下塗り 水性ソフトサーフSG 材料
現在の小さな巣穴を埋めたり、将来のひび割れにも追随してくれます。
下塗り 水性ソフトサーフSG2
モルタル壁は古くなると『ひび割れ』が増えますので、それに強い下塗り材を使います。
ここがポイント!

下塗り 水性ソフトサーフSG3

下塗り 水性ソフトサーフSG4

 

 

 

④【外壁塗装2回目・3回目】ひび割れに強い『水性弾性セラミシリコン』で塗り替え

中塗りの工程

今回はエスケー化研の水性弾性セラミシリコン
エスケー化研の水性弾性セラミシリコン
ひび割れにも追従してくれる塗料
中塗り 水性弾性セラミシリコン1

弾性効果は伸び縮みして、ひび割れにも追従してくれます。

中塗り 水性弾性セラミシリコン2
モルタル壁の弱点であるひび割れを起こりにくくする塗料を選ぶことが重要ですね。

中塗り 水性弾性セラミシリコン3

 

 

⑤【雨戸塗装】初めに錆び止め塗装を入れるのが秘訣

雨戸の塗装はただ主剤(上塗りの材料)を塗り重ねるだけではダメ!
そこまでの下地調整下塗りに錆止めを入れることが重要。

下地調整

サンドペーパーで磨きます。
三重県名張市 雨戸塗装1
“汚れを落とすこと”
“塗料の密着を高める”
この2つの効果があります。
三重県名張市 雨戸塗装2

錆止め塗装

三重県名張市 雨戸塗装3
錆止めの塗料は関西ペイントのザウルスEXⅡを使用。
雨戸塗装 錆止め材料
雨戸は鉄製です。
鉄は錆びると劣化が加速します。
そうならないために必ず錆止めをいれます。
三重県名張市 雨戸塗装4

上塗り

三重県名張市 雨戸塗装5
ここで初めて上塗りです。
ここまでの工程が大切になります。
三重県名張市 雨戸塗装6
上塗り材はクリーンマイルドウレタンです。

 

工事前
三重県名張市 外壁塗装工事前

工事後
三重県名張市 外壁塗装工事後


これで終了です。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ