【三重県伊賀市】屋根リフォーム|今のスレート屋根に防水シートを張って水切りを設置して雨漏り防止

今流行りの屋根カバー工法リフォーム

今回は今のスレート屋根の上に新しいガルバリウム鋼板という屋根材を重ねるカバー工法です。
昔は屋根リフォームというと屋根をめくってから新しい下地を張ってから屋根材を葺いていく方法しかありませんでしたが、今は屋根の上に屋根を重ねることも出来ます。
これだと今の屋根材の撤去や処分費がかかりません。
特に2005年以前の屋根材にはアスベストが含まれているものが多いので、産業廃棄物として処理しないといけませんので、処分費用が高くなります。
そういった意味でも最近はこのカバー工法が増えてきています。


実際の現場での屋根カバ―工法リフォーム

三重県伊賀市I様の屋根リフォーム工事です。
今のスレート屋根の棟の板金を外します。
三重県伊賀市I様屋根リフォーム工事

三重県伊賀市I様屋根リフォーム工事
続いて防水シートを張ります。
三重県伊賀市I様屋根リフォーム工事
白いシートが防水シートです。
三重県伊賀市I様屋根リフォーム工事
万一屋根材の中に雨が浸入してもこの防水シートがあればこの上を伝って外へ排出されます。

三重県伊賀市I様屋根リフォーム工事
続いてケラバ(屋根の端)部分に水切りを設置します。
三重県伊賀市I様屋根リフォーム工事
ケラバ部分は雨が浸入しやすい箇所です。
特に台風や突風の時には入りやすく雨漏りがしやすい部分です。
なので、このように水切りを設置することで、万一雨が浸入しても、この水切りの上を通って外へ排出されるようにしています。
三重県伊賀市I様屋根リフォーム工事
今回の防水シートを張ることと水切りの設置は未然に雨漏りを防ぐ大切な工程になります。


これで終了です。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

奈良・三重の外壁塗装・屋根リフォーム|外壁屋根塗装スマイル


記事一覧へ