【三重県名張市】外壁修理|雨漏り防止に30年持つシーリング材でサイディング壁とモルタル壁の修理

モルタル壁とサイディング壁の弱点を外壁修理で解消

モルタル壁は10年を経過するとひび割れが出てきます。
またサイディング壁も同様に目地窓サッシや扉まわりのシーリング劣化してきます。
いずれも放置すると雨漏りの原因になります。
ひび割れ修理やシーリングの打ち替えには足場が必要になるので、足場を組むような工事を依頼する場合には、必ず外壁の修理もしてもらうようにしましょう。


実際の現場で外壁の修理を行う

三重県名張市S様の外壁修理です。
まずはサイディング壁の既存のシールを撤去します。
三重県名張市S様外壁修理リフォーム工事
20年以上経過していたのでシールが固くてなかなか除去できませんでした(-_-;)
名張市という寒い地域性が、より劣化を早めた原因かもしれません。
次にプライマーを塗ります。
三重県名張市S様外壁修理リフォーム工事
外壁とシール材との密着を高める大切な工程です。
モルタル壁のひび割れ部分にも塗ります。
三重県名張市S様外壁修理リフォーム工事
少し乾燥させてからシーリング材を注入します。
三重県名張市S様外壁修理リフォーム工事
弊社では30年持つオートンイクシードを使用しています。
ホームセンターで販売されているものは10年くらいで劣化します。
オートンの方が2割程度高いですが3倍の効果があるので、こちらを使用しています。

帯(モール板・幕板)の上部にも注入します。
三重県名張市S様外壁修理リフォーム工事
ヘラで押さえていきます。
三重県名張市S様外壁修理リフォーム工事

三重県名張市S様外壁修理リフォーム工事
完成しました。
赤い矢印がシーリング修理を行った箇所です。
三重県名張市S様外壁修理リフォーム工事
今回使用した30年持つシーリング材のオートンイクシード。
三重県名張市S様外壁修理リフォーム工事


【解説】どうして30年持つオートンイクシードを使用する?

シーリング材外壁の修理をする箇所は雨漏りの原因となることが多いので、ご自宅を守るためには重要な箇所になります。
もし外壁塗装の塗料を高耐久で長持ちするものを選ぶなら、シーリング材も長持ちするものを選んで下さい。
せっかく塗料は長持ちしても、修理した箇所が普通のシーリング材だと、そこだけ先に劣化して、場合によっては雨漏りする可能性もありますので。
外壁塗装リフォームする場合の材料選びの参考にして下さい。

30年長持ちするシーリング材についてさらに詳しく知りたい方はコチラです。

これで今日は終了です。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ