桜井市 暖かい断熱と涼しい遮熱効果のガイナを屋根に塗装

奈良県桜井市N様の屋根塗装リフォームです。
モニエル瓦に必要な下地処理は前回までで終わっていますので、ここからは主剤の塗装に入ります。今回は断熱と遮熱の両方の効果がある断熱セラミックガイナを塗ります。

奈良県桜井市 屋根瓦塗装
色の番号は09-60Lです。洋風の瓦にはかなり人気あります。
奈良県桜井市 屋根瓦塗装
奈良県桜井市 屋根瓦塗装
奈良県桜井市 屋根瓦塗装
奈良県桜井市 屋根瓦塗装
今回使用したガイナです。
断熱セラミックガイナ


暖かい断熱と涼しい遮熱効果のガイナとは

下の写真は実際にガイナスタジオ関西に行って体験してきた模様です。
外側の屋根に一般塗料を塗っているもの(写真左側)とガイナ(写真右側)を塗っているものを用意し、外側から100Wの電気を当てます。
5分後の室内温度はどうなっているでしょう?

写真の通り4.9℃の差が出ました。
(左38.0℃・右33.1℃)ちなみに2時間後には5.5℃の差が出ていました。 外気の熱をを室内に通しにくい遮熱の効果があります。

これはガイナの遮熱のしくみです。

ガイナ遮熱イラスト

セラミックの多層構造で熱の浸入を食い止めるガイナを建物屋根・外壁に塗装すると、日射を効率よく反射し一部吸収した熱も効率的に逃がすため効果的に遮熱効果を発揮します。メカニズム的にはガイナは塗膜表面を特殊セラミックで覆うことにより夏期屋内へ浸入する熱の元となる日射を効率よく反射し熱の発生を抑えます。またガイナは遠赤外線の放射率が94.6%と極めて高く、一部吸収した熱も遠赤外線として放射することで性能を高め、効果も持続し続けます。暑いのが苦手な人にはお勧めです。

またセラミックの層は保温や断熱効果も発揮してくれます。熱は高いところから低いところへ移動する性質を持っています。ガイナを外装に施工すると外の空気温度とガイナを塗布した表面温度が適応することによって熱の均衡化が起き、その表面で熱の移動を最小限に抑えます。この働きにより外部からの冷気の影響を遮り、室内の熱を外へ逃がしにくくします。
断熱セラミックガイナの保温断熱図解

断熱セラミックガイナ(GAINA)は15年から20年も長持ちする高耐久塗料です最近では羽鳥さんのモーニングショーやNHK等々のテレビでもよく取り上げられています。(弊社はこのガイナの提携施工店になっています。)


今日はこれで終了です。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ