桜井市 失敗しない外壁塗装リフォームは下塗りが命

奈良県桜井市N様の外壁塗装リフォームです。
失敗しないためには1回目の下塗り塗装が重要になります。

奈良県桜井市N様 外壁塗装リフォーム
下地がサイディング壁ですので水性のカチオンシーラーを塗ります。
奈良県桜井市N様 外壁塗装リフォーム
奈良県桜井市N様 外壁塗装リフォーム
奈良県桜井市N様 外壁塗装リフォーム
奈良県桜井市N様 外壁塗装リフォーム
これで下塗り塗装は終わりました。


“失敗しない外壁塗装リフォームは下塗りが命”の意味は?

現在の屋根塗装は3回塗りが一般的です。1回目を下塗り、2回目を中塗り、3回目を上塗り塗装と言います。よく言われるシリコンやフッ素といった塗料は中塗り以降に塗る材料です。1回目の下塗りは中塗り以降の塗料と既存の外壁とを密着させる塗装になります。なので重要な工程になります。中塗りや上塗りで高価なものを使用しても、下塗り塗料を外壁と合わないものを使用していたり、規定の塗布量でなかったり(水で薄め過ぎたり)、乾燥時間が短かったりすると長持ちしません。それだけ下塗り塗装は大切な工程になります。外壁塗装で失敗しないためのポイントといっても言い過ぎではありません。先日も家を建てて10年未満のお客様から“外壁がめくれてきたので見に来て欲しい!”と連絡がありまして、確認すると触っただけで外壁がボロボロと落ちてきました。恐らく下塗り塗装の工程で何らかの形で手を抜かれていたことが予想できます。早速建てた業者に直してもらうように提案しました。そんなこともありますので、業者や職人を選ぶ時の1つの判断基準にして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ