奈良県橿原市 外壁に丁寧なシーラー塗装で少しでも長持ち

奈良県橿原市N様の外壁塗装工事です。

一番初めは高圧洗浄です。長年の汚れや苔を丁寧に落とします。

橿原市N様の高圧洗浄1

 

 

 

 

 

これを丁寧にしないと塗装が剥がれやすくなります。

ですので時間をかけて丁寧に洗い流していきます。

橿原市N様の高圧洗浄2

 

 

 

 

 

次に乾燥してから養生します。

これを丁寧にすることで仕上がり具合に大きく差が出てきます。

橿原市N様養生1

 

 

 

 

 

 

 

外壁塗装をする時に関係のない屋根瓦や窓に養生シートを張ることで仕上がりが綺麗になります。

橿原市N様養生2

 

 

 

 

 

 

 

養生が終わるといよいよ1回目の塗装です。

通常は3回塗りが多く、1回目を下塗り、2回目を中塗り。3回目を上塗りと呼びます。

よく言われるシリコンとかフッ素とかの主剤は2回目以降の中塗りと上塗りで使用する塗料のことを言います。

1回目の下塗りで使用する塗料は、シーラーやプライマーと言い、それは外壁の材料や傷み具合に合わせて変わります。

またこの下塗り材は今の外壁材と次に塗る主剤との接着剤のような役割を果たしたり、現在の弱っている外壁を強化する役割を果たします。

なのでメチャクチャ大切な工程になります。ここで塗装が長持ちするかどうかが決まるくらい大切です。

今回のN様のサイディング壁は非常に傷んでいましたので、下塗りのシーラーを2回塗ることにしました。

まずは1回目のシーラー塗装

橿原市N様1回目のシーラー塗装1

 

 

 

 

 

 

 

橿原市N様1回目のシーラー塗装2

 

 

 

 

 

 

乾燥させてから2回目のシーラー塗装に入ります。

橿原市N様2回目のシーラー塗装1

 

 

 

 

 

 

 

橿原市N様2回目のシーラー塗装2

 

 

 

 

 

 

 

これで外壁のシーラー塗装が完成しました。

橿原市N様2回目のシーラー塗装3

 

 

 

 

 

 

 

橿原市N様2回目のシーラー塗装4

 

 

 

 

 

 

 

シーラーを2回塗ることで塗料との密着性をアップして長持ちしてくれます。

これで今日は終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ

 


記事一覧へ