奈良県吉野郡 失敗しない屋根塗装は下塗りが丁寧

奈良県吉野郡K様の屋根塗装リフォームです。
失敗しない屋根塗装をするにはまず下塗りを丁寧にすることです。ここで手を抜かれると取り返しがつきません。
実際の工事を見ながら説明していきます。

奈良県吉野郡K様 屋根塗装リフォーム
傷みの激しい屋根には下塗り塗装を2回塗り重ねます。なので後々の塗装の回数を入れると合計で4回塗装になります。(通常は3回塗装)これは下塗りが1回だと塗料の吸い込みが止まらないケースが多いからです。吸い込みが止まらないまま、次の主剤の中塗りや仕上げの上塗り塗装をすると、塗りムラが出てきて結果的に長持ちしないケースが多いためです。
奈良県吉野郡K様 屋根塗装リフォーム
白い部分が下塗り材のシーラーを塗装した箇所です。
奈良県吉野郡K様 屋根塗装リフォーム
奈良県吉野郡K様 屋根塗装リフォーム
奈良県吉野郡K様 屋根塗装リフォーム
1回目の下塗りが終わりました。十分に乾燥させます。


失敗しない屋根塗装は下塗りが丁寧

現在の屋根塗装は3回塗りが一般的です。1回目を下塗り、2回目を中塗り、3回目を上塗り塗装と言います。よく言われるシリコンやフッ素といった塗料は中塗り以降に塗る材料です。1回目の下塗りは中塗り以降の塗料と既存の屋根とを密着させる塗装になります。なので重要な工程になります。中塗りや上塗りで高価なものを使用しても、下塗り塗料を外壁と合わないものを使用していたり、規定の塗布量でなかったり(水で薄め過ぎたり)、乾燥時間が短かったりすると長持ちしません。それだけ下塗り塗装は大切な工程になります。屋根塗装で失敗しないためのポイントといっても言い過ぎではありません。業者や職人を選ぶ時の1つの判断基準にして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ