名張市 雨漏りしている屋根瓦と下地を交換する修理工事

三重県名張市A様の雨漏り修理工事です。

屋根瓦から雨漏りして裏の軒裏天井がめくれかけていました。


実際の屋根瓦の雨漏り修理工事

瓦をめくるとこのように下地が腐っています。

名張市 屋根瓦雨漏り工事前

下地を造作します。

名張市 屋根瓦雨漏り工事 めくり

更に造作します。

名張市 屋根瓦雨漏り工事 下地造作2

下地材のコンパネを張ります。

名張市 屋根瓦雨漏り工事 下地造作3

防水シート(ルーフィング)を張ります。

万一雨が浸入してもこの防水シートがあれば雨漏りしません。

名張市 屋根瓦雨漏り工事 防水シート(ルーフィング)張る

横桟を打ちます。

この横桟に瓦を引っかけて固定します。

それと端に水切りを設置します。

これも万一雨が入っても雨漏りしないようにするためです。

名張市 屋根瓦雨漏り工事 横桟を打つ

完成です。

名張市 屋根瓦雨漏り工事 完成


屋根瓦の雨漏り修理のポイント

今では当たり前の事でも、昔は商品が無くて雨漏りしているケースもたくさんあります。

今回の工事のポイントは2つです。

①防水シートを張る。

②水切りを設置する。

この2点です。

万一台風や大雨の時に屋根瓦の中に雨が浸入してきた時でも、

この防水シートや水切りがあれば、その上を雨が通って外へ出る構造になっています。

なので雨漏りする確率が格段に少なくなります。

現在の屋根工事では当たり前の事ですが、昔はそんな技術や商品も無かったので仕方ありません。

今後の雨漏り修理工事の参考にしてください。


これで終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ