名張市 浮いて雨漏りしている外壁張り替えリフォーム工事

三重県名張市M様の外壁修理です。

外壁が浮いたり、剥がれている箇所がありますので、その部分はめくって新しい外壁を造作します。

まずは傷んでいる外壁をめくります。

名張市 外壁めくり1

やはり柱に水がまわっており変色しています。

名張市 外壁めくり2

めくった後、腐りかけている柱を補強します。

名張市 外壁めくり後、柱補強

柱の補強後に下地材を入れます。

名張市 外壁下地材を入れる

その上にケイカル板を張ります。

名張市 軽カル板を張る1

 

名張市 ケイカル板を張る2

 

名張市 ケイカル板を張る3

これで今日の分のケイカル板を張り終えました。


ケイカル板とは水酸化カルシウムと砂を主原料として板状に成型した対火断熱材。

吸水性が少ないため、水回りの壁・天井下地材などの他、

表面を化粧処理して内外装材などにも用いられる。

外壁材にも使用されるが塗装をすることでさらに防水性や耐久性が上がる。

またケイカル板の総発熱量が石膏ボードよりも低いため、塗装を塗っても不燃性試験に通り易いことから不燃化粧板の台板によく使用されています。

なので外部に適した材料ということが言えます。


これで今日は終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ

 


記事一覧へ