三重県名張市 セメント瓦屋根の雨漏り調査で原因を発見

三重県名張市O様から雨漏りしてるので見に来て欲しいと連絡が入り早速伺いました。

三重県名張市O様 工事前

 

 

 

 

 

 

 

軒裏天井に雨漏りのシミがありました。

三重県名張市O様 雨漏り箇所

 

 

 

 

 

 

 

屋根のほうを点検します。

三重県名張市O様の現状のセメント瓦

 

 

 

 

 

築20年以上経ってます。セメント瓦の重なり代に苔が付いてます。

三重県名張市O様の現状のセメント瓦2

 

 

 

 

 

 

 

表面の塗装が剥がれており防水効果がかなり低減しています。

でも雨漏りに直接つながるような原因は無いです。

そこで雨漏りしている箇所を開けて見ると、周辺は黒いシミがありました。

完全に雨が入っていました。

これは以前にも経験があってこの時代特有の施工方法が原因です。

この屋根瓦は富士スレートのエアルーフでそこの施工マニュアルにも掲載されています。

富士スレート施工マニュアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右側の赤い枠で囲んでいるのが今回のO様と同じで、屋根瓦の一番の軒先の破風板の施工方法が雨漏りの原因になっています。

何らかの理由で瓦の中に入った雨水が軒先の方へ流れていき、最後はこの破風板でせき止めてしまっていました。

それが何十年も継続していたので、傷めてしまい最後には雨漏りしてしまったのです。

現在では青い枠で囲っていますように破風板は上まで突き抜けず、樹脂製の穴が空いたもので留めています。

KMEWのタフモック

 

 

 

 

 

 

 

軒先の押さえは樹脂製

 

 

 

 

 

 

 

これだと万一雨が入っても抜けてくれるし、腐食もしません。

これを解消するには屋根の葺き替えしかありません。

このことをO様にお話しして工事をお任せして頂きました。

次回は工事の内容をお伝えさせて頂きます。
 

これで今日は終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ

 

 


記事一覧へ