【屋根工事・屋根リフォーム・屋根修理・雨漏り修理】三重県津市M様邸 屋根工事・雨漏り修理工事が始まりました。

津市M様の屋根工事が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

既存の瓦をめくり、

 

 

 

防水シート(ルーフィング)を張ります。

 

0091

 

 

 

 

 

万一屋根の中に雨が入っても

 

 

 

 

 

この防水シート(ルーフィング)の上を通り、

 

 

 

 

 

雨樋に流れるようにしています。

 

 

 

 

 

0092

 

 

 

 

 

 

雨漏りを二重に防ぎます。

 

 

 

 

 

 

0093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて捨て水切りの取り付けです。

 

0094

 

 

 

 

 

屋根の端に板金を入れます。

 

 

 

 

 

 

ちなみにここは仕上がると屋根で見えなくなる部分です。

(だから“捨て”水切りと言います)

 

 

 

 

 

 

屋根の端部(ケラバ)は強風を受けやすいので、

 

 

 

 

 

 

万一の雨水の浸入に備えて、

 

 

 

 

 

板金を取り付けます。

 

 

 

 

 

0095

 

 

 

 

 

これで屋根の端部(ケラバ)からの雨漏りも

 

 

 

 

 

未然に防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

防水シートや捨て水切りは

 

 

 

 

 

 

仕上がってしまうと見えなくなりますが

 

 

 

 

 

 

雨漏りを防ぐ上では非常に重要な工程です。

 

 

 

 

 

 

今日はこれで終了です。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

さらに詳しく雨漏りについて知りたい方はコチラです。

 

 

smilelogo02_ol


記事一覧へ